ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2014-06

2014-06

弟妹の誕生はうれしいけれど… 〜つらいこともあるよね〜

ろりぽっぷ 917号 2014年6月27日

ろりぽっぷ917号
園生活のいろいろな場面で、子どもの心の複雑さを感ずることはよくあることです。ここのところ特に感じるのは、下の弟や妹が誕生した場合のお子さんの心の難しさです。赤ちゃんの誕生の前からこれまでとは違った様子が表れたり、誕生後も長期にわたり心が不安定になり、甘えがひどくなったり、すねたり、笑顔がなくなったりと、いろいろな面で変化が見られます。赤ちゃんがうまれても、何の動揺もなく気分が安定しているというお子さんは、ほとんど皆無と言ってよいかもしれません。

「赤ちゃんが生まれた」ということは、周囲の大人にとっては大変喜ばしいことなのですが、子どもにしてみれば、いつも自分の方を向いてくれていたお母さんが取られてしまう、天と地がひっくり返るほどの重大事です。ですから、園生活の中でも、○○ちゃんは弟が生まれて気持ちが落ち込んでいるので、できるだけ声を掛けたり甘えを受け止めてあげよう、苛立ちを周囲にぶつけることで自分の気持ちを分かってもらおうとしているのだから見守っていこうと、複雑に揺れ動くお子さんの気持ちに少しでも寄り添って、赤ちゃんの存在を自然に受け入れられるようになるまで、待つようにしています。
また、お母さんには「お兄ちゃん(お姉ちゃん)でしょう」は禁句。赤ちゃんにどうしても手がかかるでしょうが、できるだけお子さんと1対1で過ごす時間を作ってください。いきなり赤ちゃんが生まれたからと言って、急に自立せよというのは大人の都合。以前にも増してスキンシップを取って下さい等々、お願いしています。私の場合、娘が誕生した時、息子は3歳になったばかり。母乳だったので寝る時も、妹はいつもおっぱい側。その時に発した「ボクはいつもママの背中ばっかり…」という言葉がせつない記憶として残っています。

赤ちゃん誕生に限らず、兄弟関係の中でも真ん中の立場に置かれているお子さんの複雑な心理状態など、よくお母さんから相談を受けたりもします。ご両親は分けへだてなく育てているつもりでも、屈折した心理になりやすいのが2番目の宿命かもしれませんね。というわけで、ろりぽっぷではお子さんの心の様子や変化を捉え、その原因を探り、どのように理解し対応していったらよいかを保育者全員で話し合うようにしています。
子どもは、自分の気持ちや感情を言葉ではなかなか表現をしてくれません。表情や態度から気持ちを汲みとり、理解し、そして心に寄り添うことで、子どもと心を通い合わせることができたらと、保育者たちは願いながら子どもたちと共に暮らしています。

今週のろりぽっぷ子たち

早く大きなプールに入りたーい

早く大きなプールに入りたーい

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

まずは、水に慣れることから

ろりぽっぷ 916号 2014年6月20日

ろりぽっぷ916号

子どもたちは、みんなお水が大好き。蛇口から流れる水に手をかざし、飽きることを知りません。栓をひねって流れの変化を楽しみ、きらきら光る様子を瞳を凝らして見つめる子どもたち。雨上がりの水たまりを発見しようものなら、わざわざ足を踏み入れ、砂場では重いバケツを運ぶ苦労もいといません。水は、限りなく子どもたちの心を引きつけるようです。
でも、同じ水と言っても、プールのように圧倒的な量を持った場合は、親しみよりも恐怖心の方が先に立つことが多いようです。幼児の場合、ゆったりと水に馴染み、たわむれ、水に対して安心感を持つことから始まらなければならないと思います。プールの水を見て尻込みする子を号令や力ずくで引きずり込むのは、感心できません。従って、ろりぽっぷでは水に慣れる第一歩としてプールでの水遊びがあります。

プールの大きさは、6.5mx4.5m 深さ65cmです。プールの水は、朝8時半から入れ、終わったら抜き、毎回取り替えています。子どもたちは、消毒液(塩素)を入れた腰洗い槽に下半身をつけてプールに入ります。水深は子どものひざ丈くらい。スイミングに通っているお子さんには、ちょっと物足りないかもしれませんね。楽しい水遊びも天気次第。昨年は、11回入れましたがこの夏は何回プールに入れるでしょうか。水遊びの様子をご覧になりたい方は、どうぞお出掛けください。

さて、お父さんお母さんの水にまつわる幼い頃の記憶は、どんなものがおありですか?プールや海に何の抵抗もなく、お水大好きな子どもでしたか?私は、昔で言うカナヅチでした。子どもの頃、田舎の小川でバチャバチャした思い出はありますが、とうとう正式に泳ぎを教えてもらうチャンスは逃してしまいました。もっとも、昭和20、30年代はまだ学校にプールなどなかったのですから。
子育てが一段落した頃、大人のスイミングスクールに通ってみましたが、顔に水がかかるのがイヤで、もっぱら平泳ぎのみ、それも5、6mで沈没でした。というわけで、子どもには自分の命を守るためにも泳ぎくらいはと、せっせとスイミングスクールの送り迎えをしたものです。結果、息子はクロールをはじめ一通りマスター出来ましたが、娘は私に似て、顔に水がかからない背泳ぎ一本で、市の大会にまで行ってきました。
ことほど左様に水に強いか弱いかは、親のDNAも受け継ぐというのが私の持論です。何が何でも泳げるようにという親の願いは、ままならないこともあると思うのですが…。

ろりぽっぷ名物 流しそうめん
そうめんと共に流れてくるミカン・パイン・ナルト・キュウリにみんなの目はらんらん。
食べることよりもすくうことに夢中の子も多く、めんつゆの入ったカップはてんこ盛り状態。年を重ねて経験を積む毎にすくい方も上手になっていました。前日お家ですくい方をシュミレーションしてきたというお子さんもいて笑ってしまいました。
ゆでたそうめんは15kg。2時間流しっぱなしの水の量は恐ろしくてカウントできません。

今週のろりぽっぷ子たち

なにがながれてくるかな…

流しそうめん

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

子どものうそ

ろりぽっぷ 915号 2014年6月13日

ろりぽっぷ915号
子育ての中で体験する悩みの一つに、子どものうそにどう対応したらいいのだろうかというものがあります。連絡帳や個人面談の場などでもしばしば質問を受けることがあります。

基本的にうそは悪いことですが、ここでは幼児期のうそについてポイントをしぼって考えてみましょう。子どものうそには、空想と現実をごっちゃにする悪気のないうそがあります。
3歳の頃には、目の前に見えているものについてだけしか考えなかったのに、4歳頃になると目の前にあるものを通して全く違った世界をもつようになります。例えば、ほうきが馬であったり棒きれが魔法のステッキだったり、空想の世界が広がりいつのまにか現実とこんがらがってしまう。こうしたい、ああしたいという願望がいつのまにかああした、こうしたに変わってしまうことがあります。これは悪気のないうそですから、強く叱らずそうかそうかと聞き流す程度に受け止めてあげればいいと思います。でも大人は、それはでたらめであることを知っているよとそれとなく感じさせておけばいいのではないでしょうか。保育の場でも「えっ本当?すごいね、そうなればいいね」等々…。
さて、うそにはもう一つ隠すためのうそがあります。
子どもは知恵がつけばつくほど善意のうそもふくめてうそをつくものなのです。自主性、主体性が育ってくると同時に自尊心も育ってくるので自分が傷つきたくない、自分を守りたいからうそをつく。うそが目立ってくるのだろうと思います。それは、成長や発達のあらわれでもあるととらえ善いことは善い、悪いことは悪いと教え厳しく叱りすぎない、問い詰めすぎないであげたいと思います。厳しすぎることが続くと、ちゃんと答えない方が叱られる率が少ないと学び、だんまりのくせがついてくる事もあります。園でも本当のことを話してくれた時には、よく言えたねとその子の勇気も認めてあげるようにしています。

一番大切なのは、子どもがうそをつかなくてもいいような雰囲気で育てていくこと、失敗したり、嫌だったことなどを自然に言える環境を用意してあげること、どちらも大人側の姿勢のあり方に関わってくるように思います。
私達大人だってうそをつかないで今まで生きてきましたという人はいないはず。誰もがもっている業のようなものです。子どものうそも「自尊心が育ってきたんだ、社会に出るための学習をしているんだ」とゆとりを持って接してあげられればいいと思うことは難しいでしょうか。

今週のろりぽっぷ子たち

連日の雨で用水路が増水していないか安全をチェックして出かけました

ザリガニ釣り

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

白いごはんは食べにくい?

ろりぽっぷ 914号 2014年6月6日

ろりぽっぷ914号
ご家庭では、お子さんが白いごはんを喜んで食べてくれていますか?

園では、ランチの白米が残ることが多くなっています。今年に限らず年々白いごはんが食べにくいというお子さんが増えているように感じます。これは、ろりぽっぷの傾向だけではないようです。学校栄養士の話でも、白米とおかずの組み合わせは食べてくれないと頭を悩ませているようです。市内小学校の自校式給食の献立表の一年分をチェックしてみると、年間181回の給食の中で白米とあるのは11回(6%)、170食はふりかけ、丼物、カレー、まぜごはん、めん、パンなどです。

園では、メニューによって白米が進むかどうかが決まってくるようです。例えばハンバーグ、唐揚げ、餃子、コロッケなどは先におかずを食べてしまい白米が残るパターンが多いですね。(年令が低いほど多いです)どうしても白米に手が付かない時は頃合いをみて、園長の「ふりかけおばさん」が登場します。またランチ室でも白米の隣りに味の濃い料理を配ぜんするなどごはんが食べやすくなるような工夫をしています。切り干し大根やひじきの煮物、きんぴらなどもごはんが進むメニューです。食事の時には、先におかずだけを食べてないで順番に食べようねと食べ方の指導も行っていますが、年長になるとできるようになってきます。おかずとごはんを口の中でそしゃくして混じり合った味を楽しむのも日本食の文化ですが、家庭によってはおかずが口の中になくなったらごはんを入れるというしつけ方もあって、意見が分かれるところです。多様化の時代、個人の好みもありいろいろあっていいと思いますが、私は農耕民族のはしくれとして、お米は大好き。人生最後の食事は、銀シャリと中トロの刺身で逝きたいものです。(ちなみに作家の井上ひさしさんは、銀シャリと焼き鮭の皮をたらふく食べて逝きたいとありました。)

年長児は秋になると、自分達で植えた稲の刈り取りを見学し、とりたての新米を塩おむすびにして食べます。お米のおいしさが際立つ一瞬です。「ろりぽっぷのランチのお米は何か甘いんだよね」と微妙な味を評価してくれる子もいて嬉しいことです。

さて、ちまたでは和食に牛乳は合わないのでは?と給食と牛乳についての論議がくり広げられています。皆さんはどう思われますか。(園長)

今週のろりぽっぷ子たち

梅ジュース作り〜6/3(火)〜

梅ジュース作り

梅ジュースの作り方

<用意するもの>

  • ビン(大)
  • 梅 2kg
  • さとう 1kg
  • ハチミツ 1kg
  • 酢 1/2CUP

<作り方>

  1. 梅はヘタを取る。
  2. ようじで梅肉に穴をあける。
  3. 煮沸消毒したビンにさとう→梅の交互に入れハチミツと酢も入れる。
  4. 1日数回ビンを回し発酵をおさえる。

そして…1ヵ月後にはおいしい梅ジュースの出来上がり。水で割って飲んでね!!

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

遠足の楽しみは…お菓子のとりかえっこ

ろりぽっぷ 913号 2014年5月30日

ろりぽっぷ913号
今週は遠足週間でした。月曜日、年長が八幡公園で標高17mの山登り。水曜日は、年中の内牧公園での原っぱ遊び。金曜日は、年少が十三の塔へ遠足デビュー。どの年令の遠足もお天気に恵まれ、気持ち良く行ってきました。
それぞれの年令に合わせて、目的を決め行ってきましたが、どの遠足でも子ども達が楽しみにしているのが、お母さん手作りのお弁当とおやつです。今回は、ろりぽっぷ独特のお菓子の取り替えっこについて触れてみましょう。

「とりかえっこしよう」「うん、いいよ」お弁当の後には、こんな会話が飛び交いお菓子の取り替えっこの輪が広がります。こうした光景は、いつの頃からか子ども達の間から自然発生しろりぽっぷならではの姿となり、代々受け継がれています。最初のうちは近くのお友達と…それではあきたらず袋をもってあちこち回る子、自分のお菓子をじっくり味わいたい子はそれも可し。中には小さなチップと個包装のお菓子一袋との交換も見られ笑ってしまいますが、双方納得の上行われている事ですので大人が目くじらを立てる事でもありません。
かつてこんな事がありました。上野動物園へ遠足で出かけた時のこと。年長がお菓子の取り替えっこでワイワイ言いながら楽しんでいた時、近くでその様子を見ていたお孫さん連れの方が、あんまり楽しそうなのでうちの孫も仲間に入れてもらえませんかと声をかけてきました。もちろんどうぞ、どうぞとお誘いししばらく取り替えっこを楽しんでおられました。

このお菓子の取り替えっこには私達保育者、スタッフも仲間に入れてもらいます。子ども達のブームは何だろう…何が喜んでもらえるのかあれこれ思いを巡らせて買い求めることも楽しいことです。
ちなみに今年の園長のヒットはちょっと変わったコーラ味の輸入物のグミでした。他のスタッフのフナッシーのポッキーも盛り上がっていましたが、味は微妙でした。

子どもたちにとっては自分のお菓子以外にもいろいろな味が楽しめて、やり取りを通じてコミュニケーションもはかれるゴールデンタイムなのでありました。

今週のろりぽっぷ子たち

年中

お菓子の取り替えっこ

年長

お菓子の取り替えっこ

年小

お菓子の取り替えっこ

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2014-06

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。