ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2014-09

2014-09

三点スタートってなぁに?

ろりぽっぷ 924号 2014年9月26日

ろりぽっぷ924号

プレイデーの最後を飾るのは年長さんのリレーです。1人ひとりが約80mのトラックを力いっぱい走る姿には、いつも心揺さぶられ、ついつい涙ぐんでしまいます。
リレー1つについても、各園いろいろな事情があるようです。次に、かつてある先生が出席した研究会での内容をお知らせしましょう。

ほとんどの幼稚園から運動会の話が出ました。一番多く出た内容は「リレー」でした。対抗リレーをしている園が多く、負けてしまうクラスが同じになってしまったり、遅い子に対して「遅いよ〜。」と言ってしまう子がいたり、勝ち負けにこだわってしまう為、「○○が遅いから…。」と言ってしまう子がいるという話が出ました。「頑張っているからいいんだよ。」と言ってくれる子の声を拾ったりして皆で頑張ろうという気持ちを向けている先生や、クラスでそのことについて話し合ったという先生もいました。
私の幼稚園では、三点スタートで、競争というよりは最後まで走ったこと、クラスみんなでバトンをつなげて走りきったことを認めてあげるという話をすると、三点スタートというやり方に驚いている先生が多かったようです。

毎年、年長ならではの種目としてこのリレーを行ってきましたが、他の園と同じ悩みを持ち続けながら行っていました。ろりぽっぷは、いろいろな持ち味のお子さんがいる、1人ひとり違っていていいんだよというコンセプトで保育をしている園です。早く走りたい気持ちはいっぱいあるけれど、思うように走れない、また走るのは苦手というお子さんもいます。それでいいんだよ、自分なりに持っている力を出しきって、楽しんで走れば(歩けば)いいんだよ、そんな思いを実現するにはどうしたらよいのかがずっと課題でした。いろいろ悩み、子どもたちとも相談しながら行きついたのが三点スタートです。

以下の文章は、三点スタートが決まった時の様子です。

年長児は今年もリレーを行いますが、各クラスでリレーをどのようにして決めるか話し合ったり、何度も園庭のトラックを走りこんだりして準備をすすめてきました。その中で、リレーのスタートの方法をどうするか、子どもたちに任せてみることにしてみました。ひとつは3クラス同じスタートラインから同時にスタートする(同時スタート)、もうひとつは3クラスが別々にトラックの上のスタートからスタートする(三点スタート)。この2つの方法の中から決めるというものです。
同時スタート、三点スタートを何度か経験し、自分はどちらがよいか、よ〜く考えてみようと提案しました。回を重ねていくたびに、三点スタートがいいという子どもたちが増え、結果、53対9。圧倒的多数で三点スタートに決まりました。バトンを渡したり受け取ったりする時、ゴチャゴチャにならないから、という意見が、同時スタートでなければ競争にならないという意見を上回ったちう結果になりました。

今週のろりぽっぷ子たち

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

プレイデーってなに?

ろりぽっぷ 923号 2014年9月19日

ろりぽっぷ923号
雨で延期になっていた稲刈りに年長さんはやっと行くことができました。帰ってきて、早々に新米で塩むすびを作って食べました。「お米が光ってる」「ふわふわしている」「もっちりしてる」などと言いながら、あつあつをほおばっていました。
さて、最近子どもたちあh、プレイデー(運動会)に向けて、ダンス(お遊戯)の曲にのって思い思いに踊ったり、白線に沿って何度も走ったりと、プレイデーを待つ気持ちが盛り上がってきています。
ろりぽっぷに初めて入園されたご両親にとっては、プレイデーとは耳慣れない言葉だと思いますが、これはろりぽっぷ独自のネーミングです。一般的な運動会とはずい分考え方や方法が異なるということで命名しました。

ろりぽっぷのプレイデーとは…

♬子どもが主役

あくまで子どもが主役、生き生きと行動し、楽しめることが第一です。練習を重ねその結果を当日見てもらって評価を受けるのではなく、日頃の子どもたちの生き生きした姿を見ていただくのがプレイデーです。種目も、日常の遊びを無理のない形で取り入れ、決めています。

♪順位を競うよりも まずは楽しもう

勝負を決めない分、友だちの活躍を素直に応援できます。子どもたちのこれからは、優劣、勝ち負けの評価が待ち受けています。せめて幼児の間だけでも、競うことを先送りにして楽しく過ごしたいものです。

ろりぽっぷのプレイデーは、まず楽しんで参加することが一番です。子どもたちもご家族の方々も、広いトラックで体を思いきり動かし、心を解放し、あぁ今日は楽しかったね、と感じて下さることを願っています。
この日は、お子さんたちの成長を見ていただく良い機会でもあります。でも、本番で大人が期待している姿と違ったとしても、その時の姿だけ見てがっかりなさらないようにお願い致します。年齢が小さい程、大勢のお客様にびっくりしたり、緊張で固まってしまうことはよくあることです。当日に至るまで、そのお子さんなりに楽しんできたプロセスがあることは分かっていただけたらと思います。

今週のろりぽっぷ子たち

稲刈り(年長9/16(火))

稲刈り

金魚くんのことぜったい忘れない(連絡帳より)

今日(金魚つかみ)は、4匹の金魚と1匹のドジョウが仲間入りし、にぎやかになりました。
昨年4匹の金魚を園からいただき大切に育てて早1年が経ちました。2、3日前から1匹の金魚が元気なく息子が帰ってきてからも今にも死んでしまいそうな横になってしまった金魚と最後のおわかれの会話をしていました。(私が金魚の変わり声で)

「1年間、毎日えさをくれてありがとう」

「○○くんのうちに来て幸せだったよ」

「ぼくの仲間を大切に育ててあげてね」

そう金魚が言うと、わんわん声を出し

「うん、1年間がんばってくれてありがとう。金魚くんのことぜったい忘れない」と泣き出しました。

小さな命を目の前にして息子が命の大切さを感じとってくれたらと思います。私も一緒になって涙を流した一夜でした。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

もぎとった梨を丸かじり

ろりぽっぷ 922号 2014年9月12日

ろりぽっぷ922号
デング熱報道まっ盛りの9日(火)、不安をかかえながら虫除けスプレー、蚊取り線香などの対策を万全に整え梨狩りに行ってきました。朝方の雨も上がり、梨園に到着する頃にはからりと晴れ、梨棚の下には蚊の姿もなく、ほっとしました。
梨狩りの生き生きとした子どもたちの様子は、写真やクラスだよりをどうぞご覧下さい。

さて、もぎ取ったらすぐ木の下で食べさせたい、それもワイルドに丸かじりでという教育効果が最も得られる体験をするにはどうしたらよいかというのが今回の課題でした。
価格の検討の大事です。B園は、丸かじりOKだけれどもお土産なしで800円(A園は600円)。やっぱりお土産があるとうれしいですものね。
結果、もったいないコール連発のA園さんが納得する形で私たちの願いもかなえるやり方として、食べきっても残しても自分の丸かじり分はリュックに入れて持ち帰るという方法をとりました。
我が子がどのくらい食べたかお家の方も知りたいだろうなとも思いましたが、何分水分が多く時間が経つにつれ雑菌も増えるので衛生的ではないという栄養士の判断で園に戻ってから回収しました。捨てるにはしのびない残った部分はすぐに煮て、コンポートを作り、クラッカーにのせてその日のうちにいただきました。煮つめてジャムにしたものは、お菓子作りに活用し、もったいない精神で使いきりました。

今回伺ったA園は、大玉2コで600円。近隣にはないお手頃価格でうけてくれましたが来年はあやういというお話しもありました。「両親が高齢となり、自分一人では梨園を維持しきれない。そこで、提案なのだが人手の必要な花の交配を幼稚園のお母さんたちに手伝ってもらえないだろうか。時期は4月10日前後、午前中2時間ほど。10〜20人の方に助けていただければ…。」突然のことでびっくりしましたが、「面白そう、ぜひやってみたい」と思って下さる方がいるのではと思い皆さんにお知らせしてみる事にしました。詳細は後日若主人から文書が届く予定です。梨の花に筆で花粉をつける作業、私も何だか体験してみたくなりました。ご希望の方は、事務所までどうぞ。(早期受付中)

今週のろりぽっぷ子たち

梨狩り(9/9(火))

梨狩り

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

充実した2学期に

ろりぽっぷ 921号 2014年9月1日

ろりぽっぷ921号
砂場のキウイが長いお休みの間にぷっくりと大きくなって登園してきた子ども達を出迎えてくれました。
4日間の夏期保育を終え今日から2学期が始まります。猛暑に集中豪雨、異常気象が日本列島を覆い地球が何かおかしいと感じた夏でした。明日もあると信じ眠りについた人々を一瞬にしてのみ込んだ土石流。災害にあわれた広島の方達を思い、命について考えさせられた出来事でした。
何はともあれ、一日いちにちを大切に今を充実して生きることにつきるのかも知れませんね。

さて、2学期は園生活にも慣れ心も体も大きく成長する時期です。また、戸外に出かける機会も多く、秋の自然に触れたり、梨狩りやいも掘り、園庭の柿や栗などの収穫を楽しんだり、ワクワクするような体験がいっぱいです。大きな行事プレイデー(運動会)も、お子さん達のはつらつとした姿を見ていただく機会として楽しみの1つです。

そうそう昨年皆さんからたくさんご意見をいただいた悩ましい梨狩りの件ですが、いろいろ検討し梨園さんを刺激しない方法で丸かじりを決行する予定です。五感をフルに使い充実した2学期をすごしたいと思います。

2学期のねらい

年少(3歳児)

  • やりたい遊びを見つけたり、保育者や友達がしている遊びを一緒にやってみたりして楽しいなと感じていけるように
  • 保育者に受け止めてもらいながら、様々な思いを出していけるように
  • 保育者と一緒に身の回りのことをしていけるように

年中(4歳児)

  • 友達と一緒に遊ぶ中で時にはぶつかり合ったりしながら、嬉しい、楽しい、悲しいなど様々な思いを感じていけるように
  • 自分の思ったことを保育者や友達に少しずつ伝えようとしていけるように
  • 秋の果物を収穫して食べたり、自然物を取り入れて遊んだりすることで、五感を使って季節を感じていけるように
  • 持ち物の後始末や、使った物の片付けなど自分でできることはやっていけるように

年長(5歳児)

  • 友達と思いを出し合いながら、相手の気持ちに気付いたり考えたりしていけるように
  • 友達と力を合わせてひとつのことに取り組む楽しさを味わっていけるように
  • 相手の話を聞いたり、周りの状況を見たりしながら行動していけるように
  • 自分から気付いて身の回りのことをしていけるように
  • 季節の移り変わりを感じながら、園内外の自然に触れる楽しさを味わい、発見や驚き、喜びなどの様々な体験をしていけるように
夏のろりぽっぷ子たち

年長キャンプさぎ山記念公園キャンプ場 7月23、24日

夏のろりぽっぷ子たち

どれにしようかナ…(夏期保育 おみせやさんにて)

夏のろりぽっぷ子たち

夏のろりぽっぷ子たち

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2014-09

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。