ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > アーカイブ > 2015-03

2015-03

みんなのこと、ずっとずっと だいすきだよ

ろりぽっぷ 943号 2015年3月19日 【年長最終号】

ろりぽっぷ943号
ひと雨ごとにチューリップの芽がぐんぐん伸びて、いのちのいぶきを感じるこの頃です。子どもたちの間からは、「あと○日でお別れなんだね。」と卒園についての会話が多く聞かれるようになりました。お別れパーティーでは在園児とプレゼントを交換したり、お別れ遠足では小さい子たちを誘って一緒にお弁当を食べたり、残された日々を力いっぱい遊ぶ年長さんの姿が印象的です。
さて、20日には、年長組さん64名のお友だちがろりぽっぷを巣立っていきます。

年長組の子ども達は、この一年間に驚くほどの成長を見せてくれました。これまでの道のりにはいろいろな心の葛藤があったことは、言うまでもありません。ひとりひとりが泣いたり、笑ったり、けんかしたり、保育者に心のうちを聞いてもらったり、抱きしめてもらったりしながら、自分の力でいろいろな出来事を見事に乗り越えてきました。素晴らしいのは、子ども同士お互いが影響し合い、育ち合って成長してきたということです。

ありのままの自分でいいんだ、みんな違っていいんだ、ゆっくりでいいんだ、と大切なことに気付いた子どもたち。お互いの良さを認め合い、やさしさを分け合って、かけがえのない友だちの存在を実感した子どもたち。友だちとの結びつきをどうしたらうまくやっていけるのか、人として大切なことを学んだ子どもたち。自分で考え決断し、行動する力、困難を乗り越える力、やわらかい感性と生きる力を身につけた子どもたち。そして、何よりも誇らしく思うのは、子どもたちの心がやさしく、思いやりに溢れているということです。

共に遊び、共に笑い、涙してきた私たちは、子どもたちのやさしさに勇気づけられ、なぐさめられ、喜びをたくさんもらいました。これからも、子どもたちが訪れてくれた時、ひとりひとりの良さを誰よりも知っている私たちスタッフがいつでも抱きしめてあげたいと思っています。

年長組のお友だち、卒園おめでとう、そして さようなら。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

いよいよ進級

ろりぽっぷ 943号 2015年3月19日 【年少・年中最終号】

ろりぽっぷ943号
淡い春の日差しの庭に、色とりどりの服をまとったろりぽっぷ子たちがとび回り、その生き生きとした姿に命の輝きを感じます。
20日には年長組さんが卒園式を迎え、64人のお友だちがろりぽっぷを巣立っていきます。卒園児達は、これから29校の小学校にそれぞれ進むことになります。

さて、4月からはいよいよ年少・年中組さんも進級です。あどけない顔だった3歳児も、この一年ですっかり大人びて、友だちとのふれあいを楽しんでいます。4歳児は、年長組への進級を目前にし、もうすぐ大きい組なんだよね、と意欲満々です。それぞれのお子さんたちはこの一年に素晴らしい成長を見せてくれました。今まで同年齢の友だちが周りにいなくて遊ぶ経験が少なかったという子も、たくさんの友だちとふれあい、もまれながら、仲間とのつき合い方を学んできました。

幼児期は、人への信頼を築く大事な時期だと考えています。信頼できる大人がいる、大好きな友だちがいる、そんな安定した生活の中で人として大切なことをまなんでいきます。
あたり前のことですが、過ぎ去った時間は取り戻すことができません。故に、二度と巡ってこないこの時期、何かをしなければならないかを私たちスタッフは常に胸に問いつつ、心を引き締めて新しい年度に向かいたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ラストラン

ろりぽっぷ 942号 2015年6日

ろりぽっぷ942号

三寒四温、春に三日の晴れなし、この言葉通り天候は目まぐるしく変わっていますが、それでもやわらぐ陽光のもと、草木が芽吹きはじめています。
花だんに一株だけ福寿草がお日様に向かって花びらを広げているのを見つけ、うれしくなってしまいました。

さて、園生活もラストランに入りました。保育者たちもお子さんの一年間の成長の様子や小学校、あるいは次の年度への申し送りや課題などをまとめている時期です。
年長組の子ども達には小学校への心構え、友達作りや困った時の対処法などについて園長の話を聞く機会も設けました。うれしい けど ちょっと寂しい そんな雰囲気を感じたひとときでした。
「学校行きたくな〜い」「もう一回幼稚園の小さい組からやり直したい」などの声が聞かれるこの頃です。

波紋 〜連絡帳より〜

年に数回しか乗ることができない電車に、自分で切符を買い、改札を通るなんて、未知の世界だったようです。「乗る時は切符がピョンって出てくるから取るのを忘れちゃいけなくて、出るときは、切符は出てこないから、すぐ改札から出るんだよ!」と何度も教えてくれました。あまり表情や言葉には感情が出ない息子ですが、昨日はたくさん”嬉しい””楽しい””ドキドキ”が言葉や表情に出ていて私も嬉しかったです!!又、”電車に乗ろう”が毎年行えている環境が、とても幸せだと感じました。
駅員さん、地域の方々が温かく子どもたちを受け入れてくれているから、恒例行事で行っていただけているんですよね。本当にありがたいです!!

今週のろりぽっぷ子たち

視線の先には…パンダ2/28(土)年長卒園遠足

卒園遠足

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

明日 上野動物園へ 〜年長冒険の旅〜

ろりぽっぷ 941号 2015年2月27日

ろりぽっぷ941号
明日(土曜日)、年長組はろりぽっぷ最後の思い出として上野まで電車を乗り継いで行ってきます。県境にある荒川の鉄橋を渡り、東京都に足を踏み入れる長旅ですから、子どもたちにとっては大冒険です。

大宮から上野間は、土曜日と言えども通勤客の姿もあり、大人たちの谷間に埋もれながら、電車の揺れに負けまいと足を踏んばってがんばります。一般の方たちと同じ車輌に乗るわけですから、道中騒いだりして迷惑をかけない、席が空いていても自分の足で立っていくなど、子供たちなりにルールを守ることも大切な学習です。券売機では、今お金はいくら必要なのか、おさいふをのぞき込んでは一所懸命考え、コインを取り出し、切符を買います。団体扱いでスイスイ通り抜ける人たちとは違って、多くの一般の方たちにご迷惑をかけながら、自立の旅を遂行していくわけです。
終点上野からは、動物園へまっしぐら。ここでも、ろりぽっぷ子にしかできない冒険のクライマックスが待っています。それは、場所を区切っての自由行動です。現地で、かつて自由行動をしている子どもたちを見て、他の団体の方に大変驚かれたことがありますが、今まで積み上げてきた子どもたちの力を知っているからこそ信じ、任せることができるのです。子どもたちは、大好きな仲間たちと冒険を乗り越えることで、さらに心のつながりを深め、思い出の宝物がまたひとつ増えることでしょう。

東岩槻駅到着は3時30分。待ち受けているお母様たちは長旅を終え、達成感で高揚した子どもたちを目にすることでしょう。思い切り抱きしめ、ねぎらいの言葉をかけていただくことを願っています。

波紋 〜連絡帳より〜

絵本ライブでは、娘は、「最後のおはなしは悲しくてさみしくて泣きそうになっちゃった…」と、お風呂でも話していました。「だって、◯◯ちゃん(妹)が生まれてすぐいなくなっちゃったらやだよ!」と。そういうふうに感じられるようになったんだ…と、驚きました。そしてハンドベルもやりたくなっていました。
私は、最後の短い講演でしたが、「お母さんは、わかったよ」と座って目を見ていってあげる…(この話は兄弟ゲンカの際でしたが…)頭ではわかっていながらも、最近は下の娘もうごき出し、毎日が嵐のようで、私も余裕がなく叱って上から言ってしまうことばかりだ…と反省です。はっと改めさせてもらえる機会に感謝いたします。年中母

先日の絵本ライブ、とても楽しく見させていただきました。普通の読み聞かせと違い、映画でもなく、劇でもなく、ピアノ演奏と歌と、語りが合わさり、絵本の世界をより深く表していて、見ているこちらは引き込まれてしまいますね!
ハンドベルの演奏も普段なかなか見ることはできませんし、子どもも保護者も体験させてもらえたことは、とても良い経験ですね!年中母

先日は、お話ライブ、ありがとうございました。
ハッピーエンドではない所があれ!?でしたが歌と合わせるだけで、お話(絵本)もさらに感情が入るなあと思いました。娘に聞くと”はじめのお話は楽しかったけど、もう1つのお話はたのしかったけど、もう1つは悲しかった”と理解していた事に少し驚くと同時に、せいちょうしてるなあと思いました。年中母

今週のろりぽっぷ子たち

ナイフ、フォークを使ってちょっぴり大人気分!!ミステリーレストラン

ミステリーレストラン

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ホーム>園だより“ろりぽっぷ” > Archives > 2015-03

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2018年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。