ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 幼児期こそコミュニケーション能力を

幼児期こそコミュニケーション能力を

ろりぽっぷ 937号 2015年1月23日

ろりぽっぷ937号
寒さがこたえる真冬のこの時期に、かすかな春の予兆に目を向けては暖かな季節に思いを馳せる「春隣」(はるとなり)ということばを見つけました。園では、春の予兆、白梅が数輪ほころび始めました。

さて、今週は「幼児期こそコミュニケーション能力を身につけるチャンス。小学校に行ってからでは遅すぎる」ということについて、取り上げてみたいと思います。
昨今のニュースを耳にするにつけ、若者のコミュニケーション能力の弱さが事件の背景にあるように思えてなりません。人とつながれない、孤立した若者像が浮かび上がってきます。メル友はたくさんいるけど、本音で語り合ったり悩みを聞いてもらえる友達がいない、表面上のサクッとした付き合いの方が傷付かなくて良いと感じている様です。自分は傷付くのはイヤ、でも相手の気持ちには鈍感、こんな若者ばかりになったらと不安になります。何か手だてはと考えた時、やっぱり幼児期から友だちとたくさん遊び、コミュニケーション能力をはぐくんでいく事が必要なのではと思います。

今、園では3学期に入り、友だち関係がより深まると共に複雑になってきてやったりやられたりお互いが本気でぶつかり合う経験をしているところです。その中で自分の思いをちゃんと言葉で表現したり、相手の気持ちに気付いたり、どうすれば自分を相手に分かってもらえてまた遊べるようになるか、子ども達はとても大切なこと「いかに友だちと付き合うか」といった人間関係の構築の仕方を学んでいます。その中でたくさんもまれて打たれ強くタフに育ってほしいと願っています。

もし、我が子が友だち関係で悩んでいるとしたら、またとない経験をしているのだと受けとめて下さい。くれぐれも大人が介入しすぎて、伸びようとしている芽を摘んでしまわぬように、遠い将来の我が子の姿をイメージし、見守っていただきたいと思います。

波紋 〜連絡帳より〜

前回の園だよりの先生たちのお気に入りの一冊すごく良かったです。「いちにちおもちゃ」をネットで頼んだのですが、在庫切れでもう5日間待っています。ひょっとしてろりぽっぷのママ達が頼んだのかな?って思ってます。かおりっぴオススメのレオ・レオニの同じ本は図書館になかったのですが、うさぎ好きの娘の希望でレオ・レオニの「うさぎたちのにわ」を借りてきました。
私の知らない本に出会えて、すごくうれしいです。今回の園だよりで他のママさんも言っていましたが、ぜひシリーズ化して他の絵本も教えて下さい。

今週のろりぽっぷ子たち

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 幼児期こそコミュニケーション能力を

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。