ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 子どものうそ

子どものうそ

ろりぽっぷ 915号 2014年6月13日

ろりぽっぷ915号
子育ての中で体験する悩みの一つに、子どものうそにどう対応したらいいのだろうかというものがあります。連絡帳や個人面談の場などでもしばしば質問を受けることがあります。

基本的にうそは悪いことですが、ここでは幼児期のうそについてポイントをしぼって考えてみましょう。子どものうそには、空想と現実をごっちゃにする悪気のないうそがあります。
3歳の頃には、目の前に見えているものについてだけしか考えなかったのに、4歳頃になると目の前にあるものを通して全く違った世界をもつようになります。例えば、ほうきが馬であったり棒きれが魔法のステッキだったり、空想の世界が広がりいつのまにか現実とこんがらがってしまう。こうしたい、ああしたいという願望がいつのまにかああした、こうしたに変わってしまうことがあります。これは悪気のないうそですから、強く叱らずそうかそうかと聞き流す程度に受け止めてあげればいいと思います。でも大人は、それはでたらめであることを知っているよとそれとなく感じさせておけばいいのではないでしょうか。保育の場でも「えっ本当?すごいね、そうなればいいね」等々…。
さて、うそにはもう一つ隠すためのうそがあります。
子どもは知恵がつけばつくほど善意のうそもふくめてうそをつくものなのです。自主性、主体性が育ってくると同時に自尊心も育ってくるので自分が傷つきたくない、自分を守りたいからうそをつく。うそが目立ってくるのだろうと思います。それは、成長や発達のあらわれでもあるととらえ善いことは善い、悪いことは悪いと教え厳しく叱りすぎない、問い詰めすぎないであげたいと思います。厳しすぎることが続くと、ちゃんと答えない方が叱られる率が少ないと学び、だんまりのくせがついてくる事もあります。園でも本当のことを話してくれた時には、よく言えたねとその子の勇気も認めてあげるようにしています。

一番大切なのは、子どもがうそをつかなくてもいいような雰囲気で育てていくこと、失敗したり、嫌だったことなどを自然に言える環境を用意してあげること、どちらも大人側の姿勢のあり方に関わってくるように思います。
私達大人だってうそをつかないで今まで生きてきましたという人はいないはず。誰もがもっている業のようなものです。子どものうそも「自尊心が育ってきたんだ、社会に出るための学習をしているんだ」とゆとりを持って接してあげられればいいと思うことは難しいでしょうか。

今週のろりぽっぷ子たち

連日の雨で用水路が増水していないか安全をチェックして出かけました

ザリガニ釣り

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 子どものうそ

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。