ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 充実した2学期に

充実した2学期に

ろりぽっぷ 921号 2014年9月1日

ろりぽっぷ921号
砂場のキウイが長いお休みの間にぷっくりと大きくなって登園してきた子ども達を出迎えてくれました。
4日間の夏期保育を終え今日から2学期が始まります。猛暑に集中豪雨、異常気象が日本列島を覆い地球が何かおかしいと感じた夏でした。明日もあると信じ眠りについた人々を一瞬にしてのみ込んだ土石流。災害にあわれた広島の方達を思い、命について考えさせられた出来事でした。
何はともあれ、一日いちにちを大切に今を充実して生きることにつきるのかも知れませんね。

さて、2学期は園生活にも慣れ心も体も大きく成長する時期です。また、戸外に出かける機会も多く、秋の自然に触れたり、梨狩りやいも掘り、園庭の柿や栗などの収穫を楽しんだり、ワクワクするような体験がいっぱいです。大きな行事プレイデー(運動会)も、お子さん達のはつらつとした姿を見ていただく機会として楽しみの1つです。

そうそう昨年皆さんからたくさんご意見をいただいた悩ましい梨狩りの件ですが、いろいろ検討し梨園さんを刺激しない方法で丸かじりを決行する予定です。五感をフルに使い充実した2学期をすごしたいと思います。

2学期のねらい

年少(3歳児)

  • やりたい遊びを見つけたり、保育者や友達がしている遊びを一緒にやってみたりして楽しいなと感じていけるように
  • 保育者に受け止めてもらいながら、様々な思いを出していけるように
  • 保育者と一緒に身の回りのことをしていけるように

年中(4歳児)

  • 友達と一緒に遊ぶ中で時にはぶつかり合ったりしながら、嬉しい、楽しい、悲しいなど様々な思いを感じていけるように
  • 自分の思ったことを保育者や友達に少しずつ伝えようとしていけるように
  • 秋の果物を収穫して食べたり、自然物を取り入れて遊んだりすることで、五感を使って季節を感じていけるように
  • 持ち物の後始末や、使った物の片付けなど自分でできることはやっていけるように

年長(5歳児)

  • 友達と思いを出し合いながら、相手の気持ちに気付いたり考えたりしていけるように
  • 友達と力を合わせてひとつのことに取り組む楽しさを味わっていけるように
  • 相手の話を聞いたり、周りの状況を見たりしながら行動していけるように
  • 自分から気付いて身の回りのことをしていけるように
  • 季節の移り変わりを感じながら、園内外の自然に触れる楽しさを味わい、発見や驚き、喜びなどの様々な体験をしていけるように
夏のろりぽっぷ子たち

年長キャンプさぎ山記念公園キャンプ場 7月23、24日

夏のろりぽっぷ子たち

どれにしようかナ…(夏期保育 おみせやさんにて)

夏のろりぽっぷ子たち

夏のろりぽっぷ子たち

ホーム > 園だより“ろりぽっぷ” > 充実した2学期に

ランチメニュー
ランチメニュー
園だより(2017年度版)
園だより“ろりぽっぷ”

ろりぽっぷ子たちの園生活の様子や保育について、ブログ形式でお伝えしています。

ばうの紙芝居
幼稚園へのご連絡は…
記事の検索
RSSフィード
Meta

ページの先頭へ

Copyright © ろりぽっぷ幼稚園 All Rights Reserved.
ホームページ記載の記事・写真等の無断転載・複製を禁じます。